アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「舞台観劇」のブログ記事

みんなの「舞台観劇」ブログ


当落の喜びと悲しみ…天と地を味わった1週間(≧△≦)

2006/07/12 19:59
どうも、紫苑です。

皆様もうすでにTOKIOスペシャルGIGsの当選確認はされましたか??
綾織さんからもコメントいただきましたが・・・


9/2、追加も含め
全て落選しました(≧△≦)↓↓





もうなんつーかショックで(T_T)
なのにフィルムフェスタのチケット取りしなくちゃだし(これは無事取れました)
なんだか昨日の記憶があんまありません。

それにしても9/2、周りで取れてるの1人だけだよ?!
一体誰が当ってるんだろう(涙)


誰か1枚で良いから譲ってくれないかなぁ。。
太一ファンとしてはやっぱり諦めきれないよ〜〜〜(≧□≦)



先週は先週で、松竹座チケットの当落確認でドキドキした〜!
今回最後の1人でかろうじて取れてて、
その子の確認が勤務の都合上翌日だったせいもあって生きた心地しなかったよ><
でも今年はその子のおかげで1公演は観れることになりました!!
よかったぁぁ

ANOTHERのリメイクって噂だけど、そこんとこどうなんですかね?
大倉くんメインって噂もあるけど。
私はとにかく亮ちゃんの可愛いとこが見れたら文句なしなんだけどね(照)


なんか。。。今年は亮ちゃんで始まり亮ちゃんで終わる気がしてならないわ。。
こんなん予感してる時点で終わっているのか??
だって太一BD行けないしぃ〜
なんだかなぁ〜ぐちぐち。。



あああ暗いわ!!



なんか明るい話題ないかしら。

でもなぁ。。チャリ、パクられたし(泣)
テレオペではムカつく客ばっか連ちゃんで引くしm(_ _)m
バイト面接しても軒並み連絡ないし(落ちてるってことね)
最近落ち込むこと多過ぎですわ。


あ、そうだドラマ見ました。
思ってたより太一さんメインどころだったんだねぇ。
最後のテロップが一番最後だったことに妙に感動したりして(笑)
役はちょっと・・・ヲタでしたけど(^^;;

智也ドラマはホント面白くて!
終始お腹抱えながら見てました(*^-^*)
笑いすぎてお腹痛かったモン!
いや〜”喜”って字が繋がってく様がもうおかしくって!!
あの字が書ける時点で天才だと思ったよ(笑)

それにしてもあのドラマ見終わった後プリン食べたくなるね〜
友達がドラマ見終わった後やっぱりプリン食べたくなって近くのコンビニに行ったら
プリンが売り切れてたらしくて。
『絶対ドラマ見てた人が買って行ったんだよ〜!』
って言ってました(^^;;
でも、そうかも??
実際私も食べたくなったし。


さて、ここでコメ返です♪

>綾織さん
↑こんな感じでしたよ、ギグは(泣)
もうどうやって探そう。。
切なくなってきたよ。
こうなったら光一コンin仙台に行こうかなぁ
自分の誕生日くらい楽しく!!

でもエイトの全国でその日に公演あるかもしれないし
やっぱもうちょっと考えます(^^;;

それにしても今年の夏は多忙過ぎてもうなんも考えられん><
TOKIOも関∞もKinkiも動くだなんて(泣)
エンドリは4月・5月に行ったので、追加は諦めました。
光一は・・・今どうしようか悩み中です。
返金、まだ来ないだろうしなぁ〜

あ、健くん舞台ね!
行ってきたよ〜☆
ストーリー・・・説明難しいな(^^;; ええと

天才漁師と言われてた土佐の漁師の下の息子役で、
お兄さんは漁師として父の船に乗って働いてて、
健くん演ずる弟は地元で父のお金でやりたいことやってる道楽息子だったんだけど。

そのお父さんが病気になってから死ぬまでの半年間一緒に暮らしていたんだけど
亡くなって初めて、「船に乗せて欲しい」って言う、ところから話が始まるの。

船員になりたいって言ってから色々起こるのね。
今まで道楽してた時の借金がばれたり
会長と船長との間で見解の不一致が出て船長が辞めたり。
結果、船には乗せて貰えないといわれて、

終盤、健くんがどうして漁師になりたいと思ったか
みんなの前で全て話すシーンがあるんだけど
それがもう涙なしでは見れなかった。

お兄さんは高校を出てすぐ漁師として船に乗せてもらえたのに
自分は結局、父に船に誘われることがなくて。
1年を通してずっと海に出てる父と兄にはほとんど会うこともなく
母もいないためにずっと1人きりで生活してて。

そんな中突然父が病気になって初めて、
半年間だけだけど父とずっと一緒にいられて
一緒に釣りに行ったり話したり食事したり、
そんな日常を過ごしたことでもう1人で家にいたくなくて父の船に乗りたいと思った。

そんなことを涙ながら語る健ちゃんに泣かされっぱなしでした。

ストーリー自体は単純でわかりやすかったし
健くんの力演に拍手でした。

孤独って、人を変えるんだなぁってなんかしんみり思っちゃいました。
気づかないうちは平気というか大丈夫なんだけど
孤独だったってことに気付いてしまったら、もう分かる前には戻れないよね。

私は初日に行ったんだけど、
楽に行った友達が『初日に見たより全然良くなってた』って言ってて、
「舞台したい!」って言ってた健くんの役者としての意気込みを
改めて知った気がしました(^^;;

今後がまた楽しみです。

こんな感じでした!
わかりにくくてごめんね〜。




ランキングに参加してます。
↓ボタンクリックしてね↓

ジャニーズブログランキング
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


Endless SHOCK 観てきました(ネタバレ有)

2006/03/26 00:06
友人と待ち合わせして電車に乗ったんだけど、
広尾くらいまで行った頃だったかな?
友人が信じられないこと言ったんですよ!


「あ、チケット忘れた」


・・・ありえないでしょ〜!!
信じられ〜ん!!
早めに出てたとはいえ、間に合うか分からないし超ドキドキしたっつうの!

結局私は他の友達から受け取るものがあって公演前に会うことになってたので
友人だけ一旦戻ってチケットを持ってくることにしたんですが、
なんとか5分前に会場前に来ましたよ!!

いや〜久しぶりに焦った。。
無事開演前に席に着けたので最初から観れました。
ホッ


ということで以下、ちょっとネタバレあります。
ネタバレ嫌いな方はバックしてね。
って、もうすぐこっちも終わるから今更か〜?(^^;;



今日の夜公演に行ったんですが、挨拶を聞く限りでは
多分今年の公演中での70公演目だったらしいです。
先日400回も超えて、記録を作ることがすべてではないけど
これだけの公演ができたのも皆様のおかげです、と。

久しぶりに光一まじまじと見たけど、
すっごいやせててビックリした。
食べても太れないっていうのも知ってるけど
いつもSHOCK公演中って一気に痩せるからちょっと恐い><

ただ、EndlessSHOCKも2年目っていうのもあったからか、
光一さんのダンスも演技も余裕が感じられてそういう意味では安心して観れたかな。

そうそう、私去年のも1回観たんですが、
どうも内容をあまり覚えてなかったみたいで(苦笑)
次どうなるんだっけーってな感じで新鮮に観れました(爆)

それでか、あの「コウイチ実は死んでるのよ」ってMIKAが言ってからのシーン、
涙がじんわり出てきました。。。
あそこの、翼と光一のやりとり、好きですね〜
亮ちゃんver.も観たかったなー
でも2月の週末はすべてトキライブ入ってたから無理だしね〜
諦めですわぁ。
くすん。

あと、いつ消えるかわからない光一とのショーをしてる最中の
翼・MIKA・MAの光一に対する思いを言うシーンも弱いです。。
涙こらえるのが大変ですわ〜

いつ消えるかわからない、そんな状況でも
前だけを観て突き進む光一の姿に引っ張られていく。
でも実は光一もそんなカンパニーのメンバーがいたから、
後ろを見ることなく前に進むことができたことに気付く。

最後みんなの白い衣装がまぶしくかった。

ってか、最近私涙腺弱いなぁ。。

私は、SHOCKよりEndlessSHOCKのほうが好きかなぁ
特に翼の(そして亮ちゃんの)役は絶対EndlessSHOCKの方が断然見せ場があると思うし。
って、これはあくまで私の意見ですよー(^^;;
そんでもって光一の見せ場がないってわけでもないですからね(笑)

今年のSHOCKも終わりが近づいているけど、
来年はどうなるのか、また楽しみです。
でもきっとトキライブとかぶるんだよねぇ。。

お金がいくらあっても足りないYO〜!


ランキングに参加してます。
清き一票をお願いしま〜す!(笑)
↓ボタンクリックしてね↓

ジャニーズブログランキング
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


舞台『クロノス』観てきました(*^-^*)

2005/12/05 18:32
舞台『クロノス』@キャラメルボックス観てきました!
私のブログではあまり需要がないかもしれませんが(笑)
一応、↑この舞台をすでにこれから観にいく予定がある方は、
ネタバレありますのでご注意いただければと思います。


いつもはキャラメルボックスですべて行っているけど、
今回は原作があるということで。※原作:梶尾真治「クロノス・ジョウンターの伝説」(朝日ソノラマ刊)
どんな風になるのかな〜と思いながら観にいってきました。

そうそう、これは余談ですが、この作品って映画の原作でもあるようです。
この秋公開された『この胸いっぱいの愛を』という映画。
結構有名な話だったようなのですが、私は会場で知りました(爆)



さて今回の作品、本命さん(@岡田達也さん)は出てないんですが、結構楽しみにしてまして(^^;;
公演が始まってあまり経っていないのでそれほどは混まないだろうと思いつつ、
当日券に並ぶため朝11:00にサンシャイン劇場に着くように出発しました。
寝坊して待ち合わせに5分くらい遅れたのはまた別の話(笑)

そして無事当日券をGETして観劇。。


感想をまず一言で言うならば、『タイムトラベルって難しい』かなぁ。
ちょっと途中でいらいらするシーンはあるんですが(話がというよりは登場人物の行動に/笑)
ストーリーは本当に泣けて、見てるときはもう後半はずっと泣きっぱなし(笑)
ただ見終わった後一緒した友達と舞台の話をしてて私なりに出した”最後”。

簡単に説明してしまうと、
『事故で死んでしまった愛する人を自分の人生を犠牲にして過去に戻り救う話』
なんですが。

主人公たちが”どうなった”という表現はなくて、
主人公が過去に戻るときその場に居合わせたある博物館の館長と館員の、
手元に残されたブローチによってその奇跡を目の当たりにしたところで終わります。

利用した機械は使って過去に行くことで、
過去に戻った時点よりも未来へ飛ばされる(戻される)のですが。
行く回数が増えるごとに戻される年が2乗される、というもので
その間の主人公の存在は”無”になります。
つまり飛んだ時間には”存在自体がない”ことになるんですが。

過去に戻った主人公は、愛する人が亡くなった事実を知った後にタイムスリップします。
じゃあ、その主人公がその女性を救ったなら、タイムスリップをすること自体なくなりますよね。
そして未来から来た主人公は一定の時間を過ぎて遥か未来へ戻される。
その後未来から来た主人公に助けられたという事実を知ってる女性が、
”タイムスリップしていない主人公”と結ばれて幸せになるかな、と。

ただ、こうなるとその後未来に戻された主人公はやはりその生を全うするのかな?
もしかして、過去を変えたことによって未来が変わり、
その”主人公自体が存在しない”ことになるんじゃないんだろうか??
う〜〜ん、難しい。。
昔読んだドラえもんで”パラレルワールド”ってあったけど、
まさにそれですよね(笑)

でも、主人公が幸せになれることを望みます(*^-^*)


さて、長々と変な話を書いてしまいましたが。
平日はまだ席に余裕があるそうなので、少しでも興味を持った方は是非会場へ行ってみてください(^^;;
私は原作を購入しようかな?と思います。


さて、今日はヘイ!×3ですね〜!
TVの前でスタンバイして待っていようと思います(笑)
でわでわ〜☆
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


舞台観て来たよ〜!

2005/09/28 01:38
劇団☆新感線の『吉原御免状』観てきましたよー!
松雪さん超美人だったぁ〜!(≧▽≦)/
松雪さんと新太さんがやるシーンがあるんだけどね(吉原ですからね)
これがも〜うエロイのなんのって!
なにがエロイって、新太さんの絡み方ね。
いやーマジで新太さんがウラヤマシイ!(笑)
いいな〜松雪さんと絡めるだなんて!
でも舞台の新太さんってかっこよく見えるんだよなぁ〜(失言?/笑)
新太さんと堤さんの殺陣はめっちゃくちゃカッコイイ!
周りで他の俳優さんが立ち回りしてても、
主演二人は流れるような殺陣に軽やかな動きで思わず目が行くんだよね〜
華があるってのもあるんだとは思うんだけど(^^ゞ

華といえば。
松雪さんに目がいっちゃうからね(私が松雪さん好きだからだけど)
同じ大夫でも京野ことみは薄れちゃっててちとかわいそうだったかな(^^ゞ
生乳も出してたのに(>_<)
もちろん後ろ向きだったけどね(当たり前だ)
あ、でも堤さんは生ケツ出してた!(笑)
ちっさいお尻でした(照)

話も面白かった!
今回は原作ありの話だったんだけど、
やっぱり新感線だった。さすが!
ただねぇ、橋じゅんが大人しい役だったのと、
聖子さんはめちゃめちゃらしい役だったけど出番少なかったのがなぁ〜
残念(T_T)
そのせいかカーテンコールで弾けてたけど(笑)
橋じゅんと聖子さんと梶さんがすごかった(^^ゞ
ん〜久しぶりに楽しかった!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然日記〜舞台を観る〜

2005/08/30 16:57
週末は怒涛のように過ぎ。。
土曜日は朝も早くから舞台の当日券のため並びに行き、
翌日は地元から友達が来るっていうので(しかも二組も)朝からお出かけ。
気がついたら掃除しようと思っていた部屋もまだ汚いままだった(爆)
今週末には高校の同級生(既婚)が泊まりに来るからマジ掃除しないと…!
焦るぜ!!(笑)


土曜に観にいったのは『スケッチブックボイジャー』という
キャラメルボックスという劇団の舞台。
演劇好きの人なら一度は耳にしたことがあるかな?と思いますが、
上川隆也さんが所属している劇団です。
今回観にいったのには上川さん出てないけど(^^;;

当日券は開演1時間前の13:00だけど会場には10:30くらいに到着(笑)
かなり早く行ったと思ったけど7・8番目だった。
でも日替わりゲストが近江谷さんという元劇団員だったから激戦かな?と思ってたから
まぁ前の方だったかな〜と(^^;;

結果まんまと最前の席(ただしはじっこ)をGETして、
開演まで時間があるからと、久しぶりにサンシャインでショッピング♪
ちょうど夏物最終バーゲンをしてたからスカートとキャミを購入。
今月は家賃更新でお金な〜いと思っていたのに
仕事のストレスからか(笑えねぇ)購入までにあまり悩まなかった気が…
普段は結構シビアに考えちゃうのになぁ。
でも3着くらい買って1万いかなかったしまぁまぁかしら?

さて舞台。初演はTVで見たものの生で見るのは初の演目。
私はおっかーさんという俳優さんが好きなので(わからない方すみません…)
ダイゴ役がおっかーさんのチームを観劇しました。
同行の友達は西川さんのファンなのに…ごめんねm(_ _)m
(完全Wキャストで、西川さんはもう一方のチームなのでした。)

一応わからない方のためにこの演目の説明を。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
『スケッチブックボイジャー』

話の中心はある漫画家と担当マネージャー。
その漫画家の描くストーリーが劇中劇のような形で進みます。

明日に締切が迫った先生の所に担当者が尋ねると
1Pも原稿があがっていない状況。
実は原案は先生ではなく、先生の姉の婚約者だったのだが、
先月結婚式を挙げた姉夫婦は新婚旅行中。
約束では旅行先から原稿を送ってくるはずだったがまったく音沙汰無し。
締切は迫っている。
担当者の強い応援により先生は自らストーリを作り漫画を描くことに。

漫画のストーリー(劇中劇)は
火星の羊飼いタケルが羊と土地を全て売り
地球の3分の1の土地を買ったタケルが地球に降り立ったことから物語が始まります。

地球の王になるかもしれないタケルの妻の座を狙う元皇女、
タケルの買った土地を奪おうとする宇宙海賊、
またその海賊を追う海賊課の宇宙警察がタケルを追う。
(ちなみにその宇宙警察の一人ダイゴがおっかーさん)

タケルが地球の土地を買った理由とは?
またその結末は??
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


キャラメルボックスは多分舞台に興味があるけど行った事ない、ていう人には
とても入りやすいストーリーだと思う。
夢や希望があって感動できて。
それでいてテンポよく場面が進むし見てて飽きない。
(これが初体験の人の一番の悩みかと)
時代劇も多く殺陣がとにかくかっこいい。(←結構激しいんです)

多分一番有名なのは新撰組のオリジナルストーリーかな。
渡辺多恵子さんという漫画家さんが『風を継ぐ者』という公演を見て感動し、
『風光る』という漫画を始めたくらい(^^;;←現在連載継続中
(渡辺多恵子さんの漫画もすごい好き。一番好きなのは「ファミリー!」かな)
当時TVに出始めた上川さんが土方歳三をやっていてすごいかっこよかった。
私の土方歳三像はその時固定されてしまった気がする(笑)


もしこれを読んで興味を持たれた方。
まだお席に余裕があるようなので是非劇場へ!(回し者じゃないですよ/笑)

キャラメルボックスHPへはこちらから

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「舞台観劇」ブログ

溢れる想い〜徒然日記〜 舞台観劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる